電子タバコと加熱式タバコの違い

加熱式タバコはタバコの葉を使用します!

新しいタバコとして注目を集める電子タバコですが、歴史が新しいためか本来の意味での電子タバコと加熱式タバコをひとまとめにして、同じカテゴリーで扱われることが多いようです。電子タバコと加熱式タバコは一見すると同じように見えるかもしれませんが、その構造などが大きく異なるため、くれぐれも注意が必要だといえるでしょう。加熱式タバコの特徴は、タバコの葉を使用することです。タバコの葉が入ったカートリッジを使用して、これを機械的に加熱してニコチンを含む煙を発生させます。火を使わない(燃焼させない)ため有害物質の発生が少なく、安全性が高いとPRされていますが、一般的な紙巻きたばことあまり変わらないという意見もあるようです。

電子タバコはタバコの葉を使用しません!

電子タバコのシステムは加熱式タバコとよく似ていますが、加熱式タバコがタバコの葉を使用することに対して、電子タバコはタバコの葉を使用しないという違いがあります。電子タバコではリキッドとよばれる液体を加熱して、発生した蒸気を吸引します。リキッドにはフレーバーと呼ばれる様々な味付けがされており、タバコ風味のフレーバーはもちろんですが、メントールやフルーツなどの様々なフレーバーを楽しむことができるのです。リキッドの主成分はプロピレングリコール・グリセリン(グリセロール)・水・香料などとなっており、日本では薬事法の関係でニコチン入りのリキッドは禁止されていますが、海外ではニコチン入りリキッドの販売も行われています。