電子タバコの使い方

専用の機械とリキッドを使用する

電子タバコは紙煙草と違い、専用の機械を使用してリキッドを加熱し、発生した蒸気を吸い込んで楽しむものです。紙煙草のように火を付けて燃やすわけでは無いので煙が発生せず、副流煙などの心配がありません。また、電子タバコには使い捨てタイプや好きなリキッドを使用できるタイプ、細かく温度の調整ができるタイプなど色々な種類があります。使い捨てタイプは数回から数十回使用することができ、値段も安めです。リキッド交換ができるタイプは安いものなら3,000円台から購入可能で、自分の好きなフレーバーを楽しめます。更にこだわる人は細かな設定が行えるタイプを使用しますが、金額は1万円台と、他の物よりも高くなります。最初は金額の安い使い捨てタイプから始めても良いでしょう。

電子機器だからこそメンテナンスや手入れが重要

電子タバコは機械製品のため、定期的なお手入れやメンテナンスが必要になります。手入れせずに吸い続けていると、アトマイザー部分にリキッドの汚れが蓄積し焦げてしまいます。すると、味の低下や最悪の場合故障の原因となってしまいます。多くの電子タバコは各パーツごとに分解し、掃除できるようになっているので味が変わってきたと感じたら綿棒などを使用して綺麗にクリーニングしてください。また、お手入れの際には特にバッテリー部分を水に濡らさないように注意しましょう。それでも電子機器のため、長く使用していると部品の劣化などによって故障する可能性が高まります。だからこそ少しでも長く使えるように、普段のお手入れやメンテナンスをしっかり行いましょう。