電子タバコで節約になる?紙巻きタバコとの値段比較

初期費用は高額だが長期的に見れば割安

電子タバコは最初に購入する費用が決して安くは無いので躊躇してしまう点は否定できません。安価な製品でも五千円ほどはかかる他、吸引に用いるカートリッジや補充用の薬剤も千円前後の価格なので、まとまったお金が無いと電子タバコを始めるのが難しいとも言えます。しかし、電子タバコは長い目で見れば紙巻きタバコよりも安上がりです。一般的な紙巻きタバコは20本入りで平均価格が五百円ほどです。一回吸うだけの使い捨てなので、すべての本数を吸ったらその都度買い足す必要があるのです。電子タバコも定期的にカートリッジを買い替えたり薬剤を補充しなければいけませんが、吸引できる回数は紙巻きタバコとは比べものにならないほど多数です。少ない物でも百回以上は吸引できるので、回数を考慮すれば電子タバコがお得です。

使い分けができるメリットが大きい

電子タバコが紙巻きタバコよりもお得なのは吸引回数だけではなく、使用中でも別の風味に切り替えることができる点です。紙巻きタバコは一度着火したら最後まで吸い続けるのが普通であり、途中で中止して後から再び吸うことはほぼありません。タバコの葉が空気中の湿気に触れると変質してしまい、風味が落ちるためです。その一方で電子タバコはカートリッジ内の薬剤が空気に触れない作りになっているので、途中で別のカートリッジに付け替えても風味が落ちることはありません。複数の異なる風味をその時の気分で使用できることはもちろん、使いかけのカートリッジも即座に劣化はしないことから、電子タバコは紙巻きタバコよりもコストパフォーマンスが高いと言えます。