電子タバコは禁煙グッズとして使える?

タバコを吸う気分を楽しむには最適

電子タバコはその使い方からタバコという名称が使われていますが、国内製の電子タバコにはニコチンやタールといった成分は含まれていません。そのため、厳密に言えば従来の紙巻きタバコの代用品にはならないのです。取り扱いの仕草がタバコに類似していることから、本物のタバコを吸っているような気分を楽しむために使われています。電子タバコによっては煙のような蒸気が排出される物や、紙巻きタバコに似せたデザインの物もあります。タバコの名前を持ちながらも本物のタバコとはまったく異なるのが電子タバコですが、喫煙の疑似体験をするにはこれ以上の物は他にありません。そのため、気分転換を図り、タバコへの関心を次第に薄れさせる効果は期待されているのです。

本格的な禁煙は医師の指導が不可欠

禁煙が非常に困難なのはタバコの成分であるニコチンやタールに強い依存性があるためです。一度摂取して体が刺激に慣れてしまうと、その後は常にその刺激が無いと不安に感じてしまいます。動悸や発汗など、精神が不安定になることで起こる症状に見舞われることもあるので、単にタバコを吸わないと決めただけでは禁煙を成功させることはできません。医師による治療を受けなければ、依存している状態を改善させることは不可能なのです。そのため、電子タバコ一つで禁煙をやり遂げようとしても期待する効果は得られません。電子タバコにはニコチンやタールの依存性を解消させる効果は無いためです。しかし、タバコを吸う仕草を疑似体験することで精神の安定を図ることは可能なので、禁煙中の不安や苛立ちを緩和させる目的で使う分にはそれなりの効果が得られます。