タバコはマナーを守って吸おう!

喫煙所で電子タバコを吸うことが必要不可欠

すでにたくさんの人が喫煙している電子タバコですが一般的なタバコと同じなので、喫煙が認められている喫煙所で吸わなくてはいけません。飲食店や施設内で喫煙が認められている場合、問題なく吸うことができるのですが年々喫煙できるスペースが限られています。もし喫煙できる場所もしくはスペースで喫煙しなかった時、マナー違反になるので注意です。最悪のケースとして警察に通報されてしまい、厳重注意されてしまうのでそのような状況が発生しないように、喫煙所で電子タバコを吸うことが大切です。どの地域にも喫煙所が備わっている為、地図をチェックすれば、ある程度喫煙できる場所を理解できます。特に気を付けないといけないのが歩行喫煙で、罰金などを支払わなくてはいけないため、気を付けないといけません。

電子タバコのポイ捨ては厳禁

少しずつ減少しつつあるタバコのポイ捨てなのですが現時点でも少なからず存在しており、地域によっては悩まされている問題です。電子タバコは一般的なタバコと比べてもサイズが小さいため、人によっては環境に悪い影響を与えにくいと考えている人もいます。しかしサイズの小さい電子タバコは、自然に分解されることはなく、きちんと処分しないとそのまま残り続けます。間違いなく自然に悪い影響を与えてしまうので、絶対にポイ捨てをしないように気を付けないといけないです。ポイ捨てをしないように携帯用灰皿を自ら所持して、ポイ捨てしないようにすることが重要です。その他にも喫煙できるスペースに電子タバコを捨てられる灰皿が設置されているため、そこに捨てることで全然問題はありません。